コラム

菅義偉官房長官は3日午後の会見で、中国・湖南省で確認された鳥インフルエンザ(H5N1)

[東京 3日 ロイター] – 菅義偉官房長官は3日午後の会見で、中国・湖南省で確認された鳥インフルエンザ(H5N1)について、家きん(ニワトリ)への感染が確認されているとした上で、引き続き注視していくと述べた。

H5N1型は、人へも感染することで知られており、中国当局によると、すでにニワトリ約4500羽が感染して死に、約1万7000羽が殺処分された。

コロナウィルスで世界中が混乱の時期ですが、注視していきたいと思います。畜産、農業従事者のみならず、一般の方もニュースの確認は怠らないようお願いいたします。マスクが売り切れになったり、弊社も製造ラインの確保など、全国民が動くとありえない波となってしまいます。焦ることのないよう、先の備へというのはとても重要だと認識しました。何年か前にあったインフルエンザの時もですが、やはり時が経つと忘れてしまいます。自然の怖さ(今回は原因はまだわかっておりませんが)を認識させられる問題の1つだと思います。

納期や在庫の件で、多大なご迷惑をおかけしていると思いますが、社員一同駆けずり回っておりますので、エンドユーザー様への説明をよろしくお願いいたします。

関連記事

PAGE TOP