コラム

花粉症対策と偏向報道への注意事項

今年の花粉は強烈ですね!

コロナ対策で大変なところに加えて、花粉症の方はとても辛い時期です。
弊社でも花粉症の人が半数くらいいるのですが、HASH for Proは花粉対策も得意なんですよ♬

辛いのは、寝起き、洗顔後、風呂上がり、、、、
薬を服用したり目薬を点眼するので、効き始めるとくしゃみも痒みも止まるのですが、ボーッとしたり眠くなったり、効用が切れた途端のくしゃみの嵐!

そこで、HASH for Proの活用方法をお伝えいたします!

・眠る際には、HASH AiRを枕元に置いて間欠噴霧
・お出かけ際に、マスクの内側にHASH for Proを使用したフィルターを装着!(これが本当に素晴らしい)
手作りフィルターの作成方法(超簡単)
・就業中は、HASH AiRを噴霧

たったこれだけ!

花粉症が治るわけではありませんが、症状が和らぐだけでも本当に助かりますね♬

ぜひトライしてみてください。
皆様からも色々なアイデアを教えてくださいね

テレビやマスコミによる間違った報道について

昨日、テレビでコロナ対策としての消毒方法が民法のゴールデンタイムで流れているのを見ました。

その中で、菌やウィルスを測定できるかの如く登場した「測定器」
一般の方は、そのような機械を使った数字は信じてしまいがちですが、
あのような機械で菌やウィルスを測定することはできません。
あの装置は、菌やウィルスを測定する物ではなく、汚れ(ほこりなど)などを測定する物です。

界面活性剤を使用し、ドアノブ等を拭き取って数値が下がったとなっておりましたが
「水道水」で拭き取っても数値は下がります。

一応、汚れ測定器のような名目で出ておりましたが、一般の方は、あれを信じてしまいます。

2/28(日)のサンデージャンクションでも、虫眼鏡で「ここはウィルスが少ないのは何故ですか?」等の発言を冗談まじりで行っておりましたが、かなり誤解を産みます。あれは、スポンサーがお金を払って作る番組です。テレビ側は検証等を行っているのでしょうか。
オゾンがどこまで届くのか、オゾンは「O₃」です。強烈な酸化作用と発癌性を持っている中で、安全性等はメーカーサイドでなく公の機関で証明されているのでしょうか。(その後に消費者庁の報道の通りです)

コロナ対策商品で様々な新規参入会社が参入しておりますが、命が関わる問題です。
一般の方は自分で調べることができないので、テレビやSNSの情報を信じてしまいます。
そのため影響力のある方は発言、投稿の際は慎重にお願いいたします。

購入者の方は、専門家の意見という報道に左右されないよう注意してください
専門家が何を持って専門家なのか?この報道は正しいのか?このメーカーは?製品は?
と疑問を持ってください。性善説では通用しません。一般の方はこの分野をわからない!ということを食い物にする業者は多々ありますので。

Seirin Laboでは皆様に正しい情報が伝わるようできる限り今後も発信を続けていきます。

関連記事

PAGE TOP