コラム

便乗商法にご注意を TVやネットニュースなど 後、※注意事項

こんばんは!!!
世の中様々なデマや新型肺炎コロナウィルス「COVID-19」に効く!!という面白商品のニュースがなんの根拠もなく流れています。

本日は、「トイレットペーパーがなくなる!!」などといったフェイクニュースが全国を駆け巡り、私の友達からも「3箇所も探したわ!」とLINEが入りました。理由はもっともらしく、マスクの材料とトイレットペーパーの材料が同じだからと、、、

日本の製紙会社の素晴らしさをご存知ないのか!(私も知りませんが、、)

このような状況になると一瞬で売り抜けようとする「紛い物」が一気に出てきます。

・開発
・生産
・検証

どうやっても検証は行えていないものばかり、、、、

それをテレビのビジネスニュースで取り上げるんですね〜
バラエティ番組ならまだしも、、
まだまだ世の中には、テレビのニュースを真に受ける層は存在します。
その影響力は多大で、圧倒的勉強不足の記者が、裏取りの無い情報で、表面だけを垂れ流してしまっています。

次亜塩素酸水 for マスクのような感じの製品が出ておりますが、
次亜塩素酸水に抗菌能力はありません。
マスクに直接かけてもすぐ乾いてしましますし、濡れてて気持ち悪いです。

この時期、花粉症の方も含め以下の方法をお勧めします。(社長の発明)
・キッチンペーパー(なるべく厚手のもの)
・二つ折りにする
・そこにHASH for Proを噴霧
・それをさらに二つ折りにし正方形にしてマスクの内側に装着
・顔に当たっている面は濡れていないので不快感がなく、息苦しくもないです
・中はある程度湿度が保たれているので花粉をシャットアウトしくしゃみが出ません!(これホント)

ぜひやってみてください♬

今は、弊社も含め生産が追いついていないので、ワラにもすがる思いで、何でも飛びついてしまう気持ちはわかります。
特に大企業で、上司から部下、そのまた部下へ「おい!消毒薬をなんでもいいから揃えろ!」と指示が出る。
部下は必死にサイトを検索し、片っ端から電話をかけてなんでも良いから体裁だけ整える。

何もしないで感染者が出るより、努力を見せることが重要なのは、はい。それも重要

ところが、命が関わる現場の皆様はそうはいきません。
今は、影に隠れていますが、食中毒も相変わらず頻繁に起こっております。

HASH for Pro 食中毒情報 

これまた社長の受け売りですが
入り口にボトルを置くのは、意味はなくはないですが、
1人1人のモラルに左右されてしまいます。

今の時期でさえ、毎回行うのは60%くらいじゃないかな〜
やるなら、横にペーパーと下にゴミ箱設置

感染予防は、自分だけが行っても無駄です。
全員がマニュアル通りに行わなくてはダメです。
強制的に!

それにはやはり空気洗浄しかありません。
と言いながらも、弊社のJF-5Aも中国がこのような状況なので在庫が底を突きつつあります。

で!自己責任にはなりますが、超音波式加湿器にHASH for Proを入れ、水道水で5~6倍で希釈して噴霧してください。
JF-5Aが潤沢に供給できるまではそれでしのいでください。緩衝体フィルターが入っていないので、
白化現象が起こると思いますが、、そこは拭いてください。(水道水の性質上フィルターがない場合はどうしても起こる現象です)
本体は、UVカットの超音波噴霧器でお願いします。

※注意事項
アマゾンでEV-3の噴霧器(ダイヤルタイプ)を販売している業者(個人?)の存在が判明しました。
現在、EV-3ダイヤル式は販売しておりません。
廃棄物を販売しているようで、故障対応や品質保証は一切できませんので、絶対に購入しないようお願いいたします。
違法です。メルカリやラクマも同じです。弊社は一切対応致しません。

HASH for Pro自体もネットでの販売に関して、販売を許可している業者様は限定させていただいております。
心配なようでしたら、お気軽に聞いてくださいね。

関連記事

PAGE TOP